春夏秋冬 ZAKKANブログ

               本・映画・音楽などの雑感 最近は本・育児話、日記にかたよりつつ…
  [ スポンサーサイト ]

--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 学校選択制、見直し ]

2012-05-19(Sat) 03:45:47
とうとう!

Yahoo!のTOPに「都内学校選択制見直し」というニュースが出た。
 
 → ニュース記事はこちら


現在新宿区在住なんだけど、

家が狭くなったので引っ越しを検討しており、

いろいろ考えていくうちに、

公立の小中学校の学力が高い、という点で杉並区がいいかなーというところにいきつき、

杉並区で探していた。




杉並区には、元リクルートの藤原さんという方が「和田中学校」を変革した

実績があり、

テレビでもけっこう話題になっていたのでご存じの方も多いかもしれない。

私は3月ごろ杉並区に電話して、

「和田中ってやっぱり人気なんですか?」とか

 →人気。倍率までは教えてもらわなかったけど、ここだけ特別に区外からも入れているようだ

「どういう選択が可能なんですか?」とか

 →住んでいる住所ごとに指定学区があるが、隣接している学区ならOK。ただし歩き通学が基本とのこと。



など、いろいろ聞いていたのだが、

「現在学校選択制については見直しをしている最中なんです」

という回答だった。



で、どんな風に見直しになるのかな?と思っていたのだが。



杉並区については、人気校と不人気校の差が激しくなっているという問題があるようで

人気校について、学区外から入りたい場合は、これまで希望を聞いていなかったが

希望を明確にして、その学校独自の方針に沿った希望なら優先する、、、

的なもよう。

んー?そんなやり方で解決するのかな?

詳しいことまでまだ調べてないけど、ニュース記事だけだと根本的には解決しない匂いがする。



一方、新宿区の見直し内容は。

こちらの課題は、人数が少ないという理由で選択肢から外されることがある、とのことで

今後の基本方針が

小学校で「クラス替えのできる規模を目指す」と明記

のようですが、いやこれ重要です。

うちのまわりにも3つほど10分で歩いて行ける小学校があるが

どれも1クラス。

友だちは新宿区と文京区の境目のところに引っ越し、

なんと1クラス10名以下!という衝撃の小学校が一番近いと言っていた。

そんなところいやー!


というわけで、大規模校の人数制限をする、ということをやっていくらしいが

今現在の住んでいる近くの小学校がどうなるのかなど各論は

今後要ウォッチ。



新宿区の変更方針がよいならば、このままこの辺で再度家さがしをするというのも

全然ありなんだよなーと思ったりする。



そもそもなぜ杉並区がいいかと思ったかでいうと、

東京都の教育委員会が出している報告書をネットで見つけたところから。

児童・生徒の学力向上を図るための調査(H22)」の報告書があって、

小学校と中学校の区ごとの偏差値(じゃないかもだけど何らかの数値)

が掲載されていて、

それを、小学校で高い順、中学校で高い順という風に並べ替えてみたら

(資料はPDFだったので、ちまちまと自分でエクセルに打ちかえた…
地味、地味すぎる! でも地味だけど重要だと思ったんだよね)

結果はこんな風でした。

<中学校>

1 千代田区
2 杉並区
3 文京区
4 目黒区
5 新宿区


<小学校>

1 文京区
2 杉並区
3 千代田区
4 世田谷区
5 目黒区


というわけで、杉並区はどちらも2位なんですね。

まぁ文京区が高いのは想像つくというか、さすが「文京アドレス」とかっていうだけあるなと。

再認識しました。

あと千代田区もけっこうすごいですね。

ちなみに小学校の方の千代田区の数値は圧倒的1位でした。



で、我が家が重視しているのは、

小学校の成績ではなく、中学校の成績

中高一貫の私立に行かなくてもいいような、

そこそこのレベルの中学校はないものかと。

私もさつまくん(だんな)も公立出身だし、

どちらもあまり教育熱心ではないというと語弊があるけど

いい学校にいかせるために塾に通わせたりするつもりがあまりない。

高校はさておき、中学校に関しては公立でいいかなと思っている。

もちろん子供はまだ2歳なのであと10年以上先のことは

分からないのだけど。



現時点においては、小中は公立で、と考えており、

小中学校の区立のレベルがそこそことか、いい教育している学校ないかな?

というのが今知りたいことなのだ。



それにしても、上記のように、数値のランキングだけ見ていると

杉並区はいいようだが、

実際にニュースにもあったように、人気校と不人気校の格差が激しい

となると、住む住所によって学区が決まってくるので

ややこしい!!

っつーか、不人気校だったらどうしよ。

そんなの事前にどこまで調べられるんだろう???




電話して聞いたときは、たとえば和田中だと、

学区内3分の1、学区外3分の1、区外3分の1と言われた

(ような気がする。気になる方は再度確認を)。

で、和田中だけ特殊のようなので、他の学校だと

たぶん、学区内○割、学区外○割とか

そういう感じで割り付けが行われているもようなので

(当然学区内の人は優先されるとのことだったが)

近くに住んだら入れるかというと、んー、わからない。




なーんてことをやっていると

引っ越しがますます面倒になる。

(実際働き出してから疲れてしまってこの1ヵ月半、何も動けないまま・・・)



いずれにしても、学校選択制、今後も要チェックだな。








スポンサーサイト
育児育児ネタTB : 1CM : 7
  [ GWまとめて日記 ]

2012-05-07(Mon) 23:04:16
みなさま、こんばんは。

あっという間に5月ですね。

5月は私の誕生日がある月、だからというわけではないですが

私はこの新緑の時期が1年で1番好きかもしれません。

(とか言いつつすべての季節が好きで、タイトルに「春夏秋冬」と入れてるんですが)

やわらかーい緑なりたて!な黄緑というか、

新緑としかいいようがないんですが、

でも新緑って色じゃないよな?

なーんて思って、ネットで検索したらこんなページがありました。

 →色ものがたり


緑色・翠色/浅緑/深緑/若緑/老緑/暗緑色/常盤緑/千歳緑/青竹色/若竹色/老竹色/草色/若草色/若葉色

こんなにあるようですね。

どれがどんな色なのかさっぱりわかりませんが、

とにかく。

この時期の新緑が大好きです♪

3月に行った熊本県の阿蘇も今頃いったら、また全然違ったきれいさだろうなーと思う。

あぁ、行きたい!




それはさておき、

GWはみなさんいかがすごされたんでしょうか。

facebookをやり始めたことを書きましたが、

facebookを見てると、いろんな人がいろんなところにお出かけしてたりしてなかったり、

ま、つまり、ゴールデンウィークをどう過ごしているか

いろいろ分かっちゃうんですね。

私は特に旅行しなかったですが、

いろんな人の行き先、やってることなど見て、フムフムと楽しみました。

(そのうちあきるかもしれんが…)



さて、私のゴールデンウィークはこんな感じでした。

書こうとしてるわりにかなり地味ですが、自分的にまとめ。


■1日目 4/28 土

あ!やばい。すでに忘れてる。

何やったかな?

facebook見て思い出しました。

午前中、図書館に行ったついでに新宿御苑によって、

gyoen _R

御苑の桜、4月上旬のドピークにはソメイヨシノを中心にいろいろ咲いているけど、
この4月末でも違う種類が何種類か咲いていてけっこうきれい。
また、芝生に散った桜で、芝生がピンクになっていたりしてそれもまたよし。
何より人がまばらなので(この後午後にはわんさか来ていたが…)
午前中はすごくいい感じでした。




とここまではよかったのだけど、

カツオ(2歳7ヶ月)が、周りの人がお弁当食べてるのを見て

「カツオのおべんとうはー?! お弁当食べたいー」

とぐずりだし、歩いてくれなくて散々な目にあった。

家で待っていたイクラ(生後半年)も泣いていたようで

さつまくんが困っていて、トホホ。

大至急家に帰り、近所のレストランへGO!

午後はみんなで昼寝 ヌヌヌ。

へ、平凡すぎる!




29日を書いている途中で全部消えてしまったので(涙)

これ以降はまた今度。

このパターン、多いなぁ。。。

学習して28日は保存しておいたんだけど。




では。

読書しまーす。



日記日記TB : 1CM : 0
  [ フォトブック 1~2歳バージョンがようやく完成 ]

2012-04-19(Thu) 23:06:52
もです。

前回ブログで書いた通り、働き出してからちょこちょこfacebookにログインするようになり

(登録だけはかなり前からしていたのだけど、ほとんどログインしてなかった)

1日に1回くらい近況を書いたりするようになりました。

いつまで続くか分からないけど、しばらく定期的に書こうかな、と思っています。




ちょっと前の話になりますが、

ようやく!かつおの2歳記念のフォトブックが出来上がりました。

もう2歳半ですが。。。




1歳の時も、1歳記念として、0歳のころの写真を

生後1ヵ月、生後2ヵ月、生後3ヵ月・・・という風にページごとに順に

成長していく姿を1年分おさめて、表紙もハードカバーな写真集風で

中身のレイアウトも渾身の配置で、、、と力作(と自分で言います)を作りました。

IMG_7008-001_R.jpg
※サングラス部分は本名が入ってます



が、
力入れすぎて、

またあれをやるのかと思うと自分でもウンザリして(苦笑)

少し放置してしまい、

あー、でも4月の職場復帰前にやっとかなきゃもうできない!と思い

3月にエイ!と作りました。

IMG_7009-001_R.jpg

今回も20ページ。自由レイアウトで1月分ずつ、写真数枚をセレクトして配置。

保育園で毎月測定してくれた体重や身長も入れる。



ちなみに表紙に選んだこの写真は2011年の年賀状として使ったのだが

本当にいろんな人から「よかったよ~、あの写真!」と言ってもらえて

実は微妙に1歳より前の写真なんだけど、1歳のアルバムに使ってしまいました…。





満足感とともに、来年もやるのか!?やれるのか!?

えーっと、いくら(生後5ヵ月)の分もやるんだよね!?

と思うと若干気が重くなったりして、

だったら写真をページにパコパコ入れてく簡単なフォトブックにすればいいのに・・・

と自分でも思いつつ、

どうせ作るなら・・・と気合いが入ってしまうわけです。


中身のページは本当にページごとにバラバラで

IMG_7010_R.jpg
1歳6ヵ月のページ

IMG_7011_R.jpg
1歳2ヵ月のページ


こんな感じです。


運動会で1冊、夏の旅行で1冊、みたいにしょっちゅう作るなら

簡単なフォトブック(レイアウトも一緒、コメントもなしみたいな)がいいと思うけど

うちは今のところ、1年間に1冊のみだし、

このフォトブックがないと、

写真はほぼすべてデータの中、ということになってるので(両実家には時々プリントして送るけど)

まぁ1年に1回くらいやるか、と思ってます。




子どもたちが巣立っていく時も一応これを渡す予定だし、

私がおばあちゃんになって昔を懐かしむ時も

このフォトブックを見ることになるのでは、と思うと力も入る。



といっても、たぶん1歳、2歳、3歳、くらいまでは1冊ずつ作るけど

あとは4~6歳、小学校時代で1冊、とかにしようかなーと思ってます。



本日はこの辺で・・・。
育児日記育児ネタTB : 1CM : 2
  [ お仕事再開 ]

2012-04-14(Sat) 00:17:56
4月9日からお仕事再開。

あっという間に1週間が終わってしまいました。

意外に疲れることなんてしてないと思ってたけど、けっこうぐったり。

もしくは、ただ単にゆうべ、さつまくんの仕事のブレスト相手になっていたら

ただでさえ少ない睡眠時間がより少なくなってしまったから、、、

疲れていると思うだけかもしれません。




いずれにしても、先週5日中2日は風邪っぴきで保育園を休み

残り3日間も1.5時間くらいというゆるやかな慣らし保育だったいくらも

(最近は「慣らし保育」という言葉は使わないと先生は言ってましたが)

今週からは問答無用で8時間保育。

でも、生後5ヵ月ということで、人見知りもしないし、親の後追いもしないし、

不安もなし!ということで、泣いたりもしないので、

かつおを1歳で預けたときより全然ラク。



ですが、前述のように睡眠不足は続いており、なんだか眠い。

いくらはたまに夜泣きがはげしいのと、

呼吸器官が弱いのか、風邪ではないのに咳が止まらず、

咳き込んでミルクを大量に吐き、目をこすりながらシーツをはがす、、、

とかが夜中にやってきたりします。



というわけでブログも今まで以上に更新できないかもしれず、

もしかしたら今はほとんどやっていないfacebookの方で

時々なんか書いたりするかも、、、とも思っています。わかんないけど。

(旧姓フルネームでやってます。よろしければリンクしてくださいませ。)




また週末の雨!!

カンベンしてほしい。ほんとに。



でも日曜日は晴れるようなので、みなさまもよい週末をお過ごし下さいませ。

ではお休みなさい。

日記日記TB : 1CM : 0
  [ おむつなし育児、ゆるやかに実践中 ]

2012-03-28(Wed) 16:03:15
先週からゆるやかに、おむつなし育児を実践中。

おむつなし育児というのは、

赤ちゃんをオムツ以外のところ(おまるやトイレ、可能なら外とか・・・)で排泄させること

を実践することで

まるっきりオムツを使わないわけではないようです。



おむつなし育児については、かつおが1歳のころかな?に知って、

へー、そんなのがあるんだー、と思っていたんだけど

出産した病院にも、新聞でこの育児方法を連載していた記事のコピーが

おいてあって、読んでたらやってみたくなったんだ。

で、本を2冊読みました。

おむつなし育児―あなたにもできる赤ちゃんとのナチュラル・コミュニケーションおむつなし育児―あなたにもできる赤ちゃんとのナチュラル・コミュニケーション
(2009/06/10)
クリスティン・グロスロー

商品詳細を見る


親子で楽しむ!おむつなし育児 0歳からできるナチュラル・トイレトレーニング親子で楽しむ!おむつなし育児 0歳からできるナチュラル・トイレトレーニング
(2009/08/20)
ローリー・ブーケ、三砂ちづる(解説) 他

商品詳細を見る


2冊目の方にステップが書いてあったのだけど、

ステップ1:基本の合図を決める (「しーしー」とか)

ステップ2:排泄のタイミングとパターンを知る (30~60分間、裸などで観察を1,2回)

ステップ3:場所と容器を選ぶ (洗面所とかおまるとかトイレとか)

ステップ4:いちばんいい姿勢を見つける

ステップ5:合図をやりとりする (声かけとかサインとか)

ステップ6:規則正しく続ける (できる範囲で)

というステップで進めるようです。




私は、ステップ2のタイミングとパターンの把握というのを

すっとばして、いきなりおまるへ

というやり方だったので

最初の3日間か4日間は全然できなかったのだけど

それもまたよし、と思っていたら、

4,5日目にある日おしっこをキャッチできて

(うっかり見てなくて、気づいたらおまるの中にたまっていた。感動の瞬間、見逃し。。。)

で、その日から大体1日1回くらいはおまるでキャッチできるようになり、

今日、初うんちキャッチ~!




やりたくなった理由でもある、やった人々の感想というのが

「赤ちゃんを観察し、感じ取り、うまく排泄させてあげられることがうれしい」

「育児に自信が持てるようになった」

などがあり、トイレ・トレーニングの一環などではなく、

単純におなかがすいたらおっぱいをあげるように、

おしっこしたそうと感じたらおむつを外してトイレやおまるでさせる

という育児方法で、

赤ちゃんとのコミュニケーションである、

というようなことが本にも書かれていた。




実際キャッチできると楽しい!

おまるに座らせてる姿も(後ろから支えてるけど)

かわいいです。



これから仕事も始まるので、やれるときだけやるっていう方法で

いいのかな?というのを気にして、本を読んだのだけど

どちらの本にも、「できるときでかまわない」ということが書かれていてほっとした。

1日1回でも、週に数回でも、おむつ以外のところで排泄する

という学習をさせることがよいことだ、ということのようです。

なので私は、朝起きてすぐ、とか寝る前、とかオフロの前とか

土日はできるだけ多く、とかそんな感じでやろうかなーと思ってます。

実際仕事が始まったら、それどころじゃないかもしれないけど。。。



でも、2歳5ヵ月でまだおむつが外れていないカツオを見ていて思うけど、

彼には今年の夏は、なんとかおむつを外すようにトレーニングしなきゃいけないんだけど

けっこう、苦労しそうな気がしている。

実際周りの人たちも、親の努力と忍耐が必要、みたいなこと言ってたし。

言葉もしゃべれるし、何回かトイレでできることはできるのに、

毎回教えてくれないんだよね。。。

特にかつおはうんちはほとんど教えてくれない。

気が重い。。。



本によれば、一度おむつですることを学習しているので、

幼児期にまた違った方法(つまりトイレ)という2回も学習しなきゃいけないとか。

確かにそうかも。

ということで、今から楽しみながらおむつなし育児を緩やかにやっていった方が

結果的にラクにおむつが外れるのではないかなーとも期待したりして。




どうなることやら、楽しみです。





育児日記育児ネタTB : 0CM : 0
  [ 旅に出たいなぁ ]

2012-03-27(Tue) 14:16:53
いつも行っている図書館で、入口のあたりに

その季節や時期ごとに、ちょっとしたコーナーができていて、

この間ふと見たら、春ということで

一人暮らしはじめや旅などの本が何冊か。

その中で気になったのがこちら


いつも旅のなかいつも旅のなか
(2005/04)
角田 光代

商品詳細を見る


角田さんはそのほとんどがひとり旅らしくて

バックパック、行き当たりばったり、ひとりでふらふら

という旅スタイルが

10代、20代の私と一緒なもんだから、

つい、20代のころを思い出し、

あぁ、またふらり旅したいなぁと思わずにはいられない。



でも、角田さんは別に好き好んでひとり旅してるわけじゃなくて

行く人がいないから一人で、実際パックツアーも大好き!

と書いているので、こういうところが読んでいて、よい。

私旅行はひとりじゃないとイヤで、パックなんてイヤだわ

という旅の達人みたいなのじゃないので

すごく親しみやすく読める。



しかしうらやましい。

いろんな国に、3週間とか1ヵ月とか。

あー、私も長く旅行しても生きていけるような道を選ぶべきだったか!?

なーんて思ってしまう。

なんて簡単に思っても、

売れてる作家とかにならないと難しいのだろうな。ウーム。



ま、今のところ読んで行った気に

なーんてなれないけれど

でも、久しぶりに作家さんの旅エッセイを読んで

ワクワクした。



読んだ本。読書2(エッセイ)TB : 0CM : 0
  [ まさかの誤診 ]

2012-03-23(Fri) 00:54:16
出産前の10月ごろ、歯が痛くって痛くって、

どうにもならずに苦しみ、違う歯医者さんに行って

ダメ元でやった治療が功を奏して、痛くなくなったことは

以前書きましたが  → セカンド・オピニオン、効果あり!




そうそう、それで、

カツオが握り母指という手の疾患をもっていて、

(右手の親指が内側に入り気味。一時装具もつけていたが今は勝手にやめている。
左手も少し内側に入り気味)

東京女子医大病院に通っていたのだけれど、

なーんか診断が適切ではない気がする、、、

と思いながらも、仕事やつわりでつらかったりして

他の病院をあたるということをしておらず、

10月になってしまい、

でも、自分の歯のことで、セカンドオピニオンってやっぱり大事!

と改めて思ったので、

他の病院を受診することにした。



以前、東京女子医大に紹介状を書いてくれた近所の病院へ行き、

じゃあ慶応病院にいってみましょう、ということで予約を取ってくれた。

たしか2月の何日かだったけど、

予約が取れたのは3週間後くらいで、3月のあたま。

かなり先だなぁと思っていたけれど、あれよあれよと日は過ぎて、

それで大分・熊本旅行の翌日に受診してきた。



15時の診察で14時に受付に来てくれ、とのことだったので

行ってみると、初診の手続きがあり、これに20分くらいかかり、

(慶応病院、初めて行ったけど、入口からしてものすごい人だかり!!!

東京女子医大は建物が好きだったけど、慶応は天井も低いし

人はごった返してるしで、悪い病気もらいそう・・・な感じだった)



で、整形外科の方に行ってみて、ようやく予約の15時に近づいたころ

「レントゲンとってきてください」と言われ。

ぎゃん泣きしながらレントゲンをとってもらい

さらにそこから1時間待ち、先生にようやくみてもらえたのが

16時過ぎ。まぁ大学病院は仕方ないのだろうな。ぐったり。




で、肝心の診断は

まさかの「握り母指じゃありませんね」



えー!!!

まさか誤診だったとは!

私は病名を疑っていたわけではなく、

もっと手にいい、リハビリ的な動かし方とかがないかとか

このままでよくなるのかとか本当に手術は必要ないのかとか

そういうことを聞きたかったのだけど。




その先生(50代の男の先生)自身が、子どもの頃握り母指だったとかで

実際、両手の親指が曲がっている。

治っていないけれど、不便はないそうだ。

手術するって言われて、5歳のころ、気合いで指を伸ばして手術しなかった

と笑って言っていたけれど、

手の専門の先生になっているくらいなので、

やっぱりいろいろ気にしていろいろあったのだろう。




で、慶応での診断は

「先天性短母指伸筋腱欠損症もしくは形成不全」

ということらしく、

つまり右手の親指の第一関節と第二関節の間にある

筋肉を伸ばす腱が1本ないか、もしくはすごく細い、

ということらしい。

その証拠に、カツオの右手の親指は第二関節のあたりが少し窪む。

これは左手にはない症状なのだけど、

それこそが、腱に問題があるということの証拠のようだ。



で、どうすればいいかというと、

良く動かす

これに尽きるようです。

内側に曲がる傾向はあるものの、ものもつかめるし、

伸ばそうとすれば伸びるし、

本人もそれで慣れているので

よっぽどのことがない限り、手術は必要ないとのこと。



もし欠損でなく、形成不全ならば、自然に使っているうちに

太くなることもある、とのことで

また4ヵ月後くらいに診察にくることで

経過観察ということになった。



とりあえずよかった。

そしてまたしてもセカンドオピニオンの大切さを知った。

1年近く苦労してつけていた装具はほとんど意味をなしていなかったということだ。

  → 右手の親指が、、、握り母指

  → 握り母指、その後



東京女子医大病院の先生に文句を言いたい。

が、最初にそのみたてをした先生はもうそこにはいなくって。

くやしい。どこかクレームをいれるところはあるのかな?



診たてが間違っていたことで、そして正式な診たてが1年以上遅れたことで

致命的なことは今回は特にないので、まだよかったけれど

これがたとえば、1歳のころきてくれたら、まだ対処のしようがあったのに、

とか、

そんな薬や装具をつけたからこんなことになってしまって

みたいなことが起きてたらね、本当に後悔してもしきれないから。。。



とりあえず今回はそういうことはなくてよかった。

しかし腹立たしい。

でも結局病院とはそういうところだ、と思ってせっせと

2つ通った方がいいのかもしれない。

特に今回は先生たちのいうことが「本当かなぁ?」みたいな感じで

頼りなかったので、

そういう風に思うのならやはり他をあたってみるのは大事だな、と思う。



あとは、自分なりに情報収集能力を高め、

「この人正しいのかな?信じられるかな?」

という感を磨いていく、というのも大事かもしれない。




とにかく、今回の先生を信じて

手をいろいろ使うことを楽しくやっていく方法を考えようと思う。

考えるというほど考えなくてもいろいろあるけどね。

保育園の先生にも詳しく伝えたので

いつも気にかけてくれて、こういうこともできましたよ!

とか報告してくれるのでとてもありがたいです。



保育園に行っていてよかったと思うことは本当にいろいろあるけれど

園にある手を使わせる小道具たち(ボタンかけとかキャップはめとか)

はよく考えられてるなぁと思う。




・・・変な終わり方ですが本日はこれまで。

おやすみなさい。






育児日記育児ネタTB : 0CM : 2
  [ 梅の花 ]

2012-03-22(Thu) 23:28:19
3月は土日ごとに雨ばかり降っているような気がします。。。

で、3月20日の春分の日は久々に

晴れの休日だ!ってことで

新宿御苑へ家族4人でお出かけ。



前日の夜のさつまくん用にとっておいた食事が手つかずだったのと

いろいろ残り物をお弁当として詰め込んで。



IMG_4829_R.jpg

梅の花がちらほら咲いておりました。



みな晴れの休日を待ちわびていたかのように

この日の御苑は大盛況。

またもや少子化とはまったく無縁の

小さい子たち(歩きはじめの1歳の子が特に多い気がする!芝生がきれいだからね)

がたくさんおりました。


日記新宿or新宿御苑前近辺ネタTB : 0CM : 0
  [ 初のこぶたラボ、久しぶりのレガスポ ]

2012-03-16(Fri) 22:29:45
昨日は初めて、

こぶたラボこぶたカフェにお邪魔しました。

 →こぶたラボへ

上記の公式サイトにも紹介があるように、

こぶたラボとは

子持ちママの部活動であり、人生を美味しく・楽しく・美しく♪

成長を続けるためのコミュニティ

ということのようです。



2年前の育休中の時も気になっていたんだけど

結局行けずじまいで、

今回も残りわずかな期間しかないけど

行ってみよう!と思い立ち、

木曜日にやっているという「こぶたカフェ」という集いに参加。



北新宿の区の施設のひと部屋にて、

お昼ご飯を作る人たちあり、料理講座をやる人たちあり、

占いをやる人と受ける人がいて、

筆ペン講座を教える人と習う人がいて、

(ワンコインで自分の持っているスキルを教える場があるようです)

その他お茶を飲んだり、

子ども服もってけ市の置き場があったりしました。

入場料500円。お昼ゴハン800円。



途中、あれ?見覚えのある顔が!

と思ったら、カツオと同い年の子がいる近所のAさんが!

近所といってもなぜか彼女とは全然出会わなくって、

けっこう久しぶりな再開。

よくこの集いに来ているのかと思いきや、Aさんも今日がはじめてとのこと。



そんなこんなを眺めつつ、私も何かワンコインで教えられることがあるのかしら?

うーん、ただならまだしも、お金とって教えられるようなものあったかな???

と考えてしまう。




こぶたラボの

「自分らしく生きたい」「成長していたい」という人たちのための

というコンセプトに私はとても共感できる。

 →こぶたラボとは? 詳しくはこち


とはいえ、活動は毎週木曜日ということなので

4月から復帰する私は今回は会員にはならないのだけど…。





そして、本日はこれまた久しぶりのレガスポへ。

レガスポは、新宿区がやっているスポーツ講座で

2年前の育休中も毎週のように通っていたところ。



アクアビクスをやりたかったんだけど、

ここの託児は生後6ヵ月以上じゃないと預かってくれないらしく、

ということでプール関係はあきらめ、

乳児を同伴できる、金曜日午前中の骨盤体操へ。

以前やっていたインストラクターの先生が変わってなくてうれしい!

すんごく楽しく・わかりやすくできる先生で

楽しい時間をすごすことができる。




そして今日も久しぶりのMさんに遭遇!

以前この骨盤体操のクラスに誘って一緒に来てたんだけど

今もずっと通っているとのこと。

まさか来てるとは知らなかったので、うわーって感じで

終了後にアクタスのカフェで一緒にランチ。

カツオと同い年のKくんもすっかり

「ボク、パスタ大好き」「ねぇ、どうして?どうして?」

を連発する、おしゃべり上手な男の子に成長しておりました。




あぁ、こんなに新宿界隈でお友だちがいるのに

引っ越すのはさみしいなぁ、とあらためておもってしまったことも事実。

しかし、この辺に住むには予算が厳しいなぁ…。

うーむ。うーむ。



あ、なんだかしゅんとしてきてしまいましたが

とりあえず、楽しい2日間でした!



(と言いつつ、昨日はこぶたカフェの途中で保育園から

カツオが体調不良とのことで呼び出しがあり、

イクラを抱えながら眼科&小児科に連れて行って

ぐったり疲れて、

何もかも投げ捨てて夜10時ごろバタンって寝ちゃったんだった。

忘れてた…)
育児日記育児ネタTB : 0CM : 0
  [ 九州ってすばらしい! ]

2012-03-14(Wed) 14:41:57
先日、全体の3分の2くらい書いたところで、

文章が一気に消えてしまったのだけど、

気を取り直して再チャレンジ。




旅行バナシの前に。

髪をばっさりと切りました。

私は人生の大半をショートで過ごしてきたのだけど、

思うことがありここ2年半くらい、髪を伸ばしていて、

肩より10センチくらい下まであったのだけど。

産後のホルモンバランスの関係で抜け毛がひどいわ、

せっかく矯正縮毛したのに、授乳で邪魔だからと

後ろでひとつにむすびっぱなしで、

さらさらロングにした意味あんのかな???



などと思う日々が続き、先週突然、

そうだ!ばっさりショートカットに戻しちゃえ!


と思い立ったのだ。

切った感想は・・・

おっさんみたいだけど、いやー、実にすっきり。

ちなみに、どれくらい短いかというと・・・

えーっと。ハリセンボンのはるかより短いです。

(今思いついたのがたまたまこの人くらいだった・・・)




授乳が終わってまた気が向いたら伸ばそうと思います。



あ、さらにまた旅行バナシの前に。

日曜日は久々に東京体育館に行きプールに入りました。

当然妊娠する前が最後だったので、1年ぶりくらいかも。


ここ最近、いくらの授乳や抱っこで、腕・肩・首がいったくて。

2回ほどマッサージに行ったりしたのだけど、

毎週毎週行けないし、

マッサージのお兄さんが運動するとよいといっていた

(特にプールで歩くのとかいいです)

ので、プールに。

500メートル歩いて、500メートル泳ぐ。



腕は少し疲れるんだけど、何より気分がいい。

そしてさつまくんが面倒見てくれるというので

(というとえらいだんなのようだけど、実際えらいはえらいけど、
土曜日は1日中私が1人で育児だったのだ)


ひとりでランチを食べて少しだけ読書。

それから美容室に。

で、前述のばっさり、というわけでした。





さて、本題の旅行バナシ。

あ、ここまで書いたので保存します。

(FC2ブログは自動保存してくんなのいかな?)


前回、あそぼーい!に乗った話を書きましたが

 → あそぼーい!に乗りました♪



今回の旅行は

 ・羽田空港から熊本空港へ
 ↓
 ・あそぼーい!に乗り阿蘇へ
 ↓
 ・レンタカーで黒川温泉へ 宿に泊まる
 ↓
 ・黒川温泉ぶらり、わいた温泉で立ち寄り湯、由布院へ 宿に泊まる
 ↓
 ・由布院ぶらり、別府を少し見学
 ↓
 ・大分空港から羽田空港へ

と、熊本市内こそ行けなかったけど、

それ以外は熊本・大分のゴールデンルートみたいな感じで

盛りだくさんな旅行でした。

では、さらりと写真でふりかえり。


あそぼーい!を降りてレンタカーを借りた以降のお話。

■ワインが飲めないのが残念っ!
20120303_125006_R.jpg
赤水駅から車で5分くらいのところにあるバイエルンというレストラン。
ウィンナーやハム、サラミなどすべてうまし。
食べログでも、地方のわりにクチコミの量が多いし点数も高い。
ぜひまた訪れたい、もしくは誰かにギフトセット送りたい、と思う。
味見させてくれたレアサラミというのが美味しくて買って帰る。
くぅ~、しかし、ワインが飲みたくなる~。


■温泉ざんまい
20120303_164518-002_R.jpg
今回はいくら(生後4ヵ月)もいることだしと部屋に露天風呂があるところをチョイス。
妊娠中から、うー、温泉入りたいよ~と思っていた欲望がうっすらうっすら溶けていく。
堪能しました。



■黒川温泉を歩く
20120304_103902_R.jpg
入湯手形で有名な黒川ですが、今回は湯めぐりは私たちはなし。
景観を損ねないよう、自動販売機も茶色くなっているのなどを眺めながら
ウワサの黒川を歩く。
天気が悪かったけどなんとか曇り。



■また行きたい!わいた温泉
20120304_114220_R.jpg
黒川温泉が全国的に有名で観光客が大勢いるところ、というのに比して
わいた温泉はひっそりした温泉郷で地元の人に人気が高い温泉地とのこと。
コイン式の貸切温泉になっていて、1時間1000円前後で家族やカップルで
お風呂を楽しめる。仕事上ここのことは知っていたので今回ぜひ訪れたかったところのひとつ。
今回はいくらがいたので露天はあきらめ内風呂にしたけど
おゆもとろっとしていてよかった。
私たちが行ったのは豊礼の湯。他にもいろいろあるようだ。
そしてこの写真。ザルがあまりにもくたびれていて興味をそそらなそうではありますが(汗)
お風呂に入っている間に野菜やお肉を蒸しておくことができるのです。

20120304_123618_R.jpg
そう、この写真にあるように鶏が売られていました。
私はさつまいも1本しか蒸さなかったのですが(焼き芋よりしっとりしてすごくおいしい)
地元の人たちは持ち込みOKらしく、大量のじゃがいもやキャベツ、
はてはつけだれ3種類にビールとか持ち込んで
お風呂上りのランチになってました。
たまにはこういうの、いいでしょうね。



■由布岳を見ながらピザをあむっ!
20120304_144116_R.jpg
お次は由布院へ
曇り空ではあったけれど、途中、景色のよさそうな店を発見!
ということでUターンして少し小高い丘みたいなところにある
店へ。ピザ屋さんで雑誌などでも出ている人気店のよう。
まさかそんなに待つとは思わず並び30分くらい待たされるが
美味しいピザを堪能しました!

20120304_135604_R.jpg
たぶん晴れてたら相当いい景色だと思うんだけど。



■ゆかたでパチリ
2_R_20120314130622.jpg

由布院の宿にて
今回1泊目の宿を前日に取り
(というか旅行の計画自体が2日前に決まり、前日にようやく行先や
飛行機が決まったから、前日しか取りようがなかったんだけど)

2泊目の宿はまぁ日曜日だし何とかなるだろうと
思ってとらなかったのだけど
、ピザ屋さんでランチをとりながら、
予約を完了していざ向かってみると、
予約が入っていないし、満室とのこと。えぇ!

よくよく調べたら、私は翌日の予約をしていたんですねー。。。
(今回私はすごいミスをおかしまくりでした)
フロントの方が同グループの他の宿に1室空きがあることを確認してくれて
そちらに予約を入れてもらう。
日曜日とはいえ、さすが由布院。なめてた私が悪かったです。

そして向かった宿は。
全室離れのせいか、ファミリーも多いとのことで
ゆかたや下駄などいろいろ子どもグッズを用意してくれて
結果的にとてもいい思いができました。



■もっとのんびり歩きたいよ~
20120305_120726_R.jpg
湯の坪通りを歩く。
ステキなお店がたくさんありました~。
パン屋さんや雑貨ややクラフト関係などなど。
もっとのんびり歩きたかった気もするが、さつまくんは
ウィンドウショッピングができない。
さっさ、さっさと行ってしまうので、
「あー、ここ入る~!」といちいち言わないと止まってもらえない・・・


20120305_121820_R.jpg
金鱗湖。温泉が湧いてるとかでうっすら湯気みたいなもが。
きれいでした。

20120305_134244_R.jpg
由布院御三家といわれる宿たち(玉の湯、山荘 無量塔、亀の井別荘)
に、今回は泊まれなかったので
せめてショップだけでもとショップをいそいそまわる。
しかも子どもたちは車で寝ているので、さつまくんは運転手兼子守りで
わたしだけがショップに降りてさささっとみるという、
なんともさみしいことに。
本当はお茶くらいしたかったんだけどなー。
仕方がない。
もう少しおばあさんになってもう少し裕福だったら泊まってみたい。


■青地獄 うーん。いまひとつか
20120305_153408_R.jpg

■赤地獄 こちらの方が見応えあり
20120305_160232_R.jpg

最後、由布岳を超えるともうそこは別府。
まぁ別府まで来たのだからと、せっかくなので地獄めぐりを
2つだけしてみる。
青はきれいな湖や池などもあるので、「わぁ青いね」で
おわってしまうけど、赤はやっぱり「地獄」という言葉がふさわしい。
写真でとるとどちらも薄い感じなのだけど、
まぁこんなもんなのか。
1つの地獄を見るのに400円も払うので
もう少し説明がほしいところ。頑張ってほしいものです。


今回は2泊3日、かつ、早朝出の夜遅帰りという、
20代前半か!?と自分でもさすがに突っ込み入れたくなるような
旅行でした。

ベビー雑誌で子連れ旅行アドバイザーの人が
「あまり移動の多くない旅にしましょう」
みたいに書いていたけれど、

家から考えると

タクシー、リムジンバス、飛行機、電車、レンタカーと移動しまくりの旅(汗)

でも、すっごく楽しかったなー。

ずっと関東で育った私からすると、九州の山並みはとてもきれいで雄大で

本当に旅行に来た気分になる。

阿蘇や黒川などは針葉樹がないところも多く、関東でよく感じる

薄暗い山道なんてなくて、移動しているだけでも気持ちがいい。

九州にしてよかった~。

(他に北海道や金沢などの選択肢もあったので)



阿蘇の雄大な景色は、今は冬景色だったので

また新緑や夏にぜひ来たい、と思いました。

その時は、前回ブログに書いたA列車で行こう特急か
title_image_R.jpg

ゆふいんの森号にでも乗せてあげようかな。(←なんだかんだやっぱり子どもの喜ぶ顔が見たいものです)




長くなりました。

今回はこまめに保存しながら書きました。

前回、これの3分の2が消えたので、本当にショック!


ではまた。





旅日記たまには外へTB : 0CM : 0

copyright © 2017 春夏秋冬 ZAKKANブログ. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。