春夏秋冬 ZAKKANブログ

               本・映画・音楽などの雑感 最近は本・育児話、日記にかたよりつつ…
  [ スポンサーサイト ]

--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ “ひとりで奇妙な努力をする方がいい” ]

2008-05-07(Wed) 23:08:43
FC2ブログランキングで発見した「沈黙の言葉」さんのブログを拝見し、

全文読みたい!と思い図書館で借りてきた雑誌。


ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2008年 01月号 [雑誌]ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/12/20)
不明

商品詳細を見る


お目当ては、P213に載っているいしわたり淳治さん

連載<Oppotunity & Spirit>

いしわたり淳治さんは、元スーパーカーのギタリストで、

現在は作詞や音楽プロデュースなどをしているらしい



スーパーカーと言えば、映画『ピンポン』

(松本大洋のマンガが原作の、窪塚洋介とARATAが出てた卓球のアレです)

のサントラで使われていた曲を知ってるのと、



一度、<RISING SUN>(通称エゾロック)で、北海道のすっきり晴天の夕方、

太陽が沈むころに<Yumegiwa Last Boy>をナマで聞いて、

夕陽色の空とスーパーカーの相性がなんともイイな、と思ったことを思い出す。

でもちゃんとアルバムを聞いたことはない。



もうすでに4年(?)くらい続いているという

このROCKIN'ON JAPANの連載なんだけど、

この視点文章のうまさはなんなんだ!

とまず驚かされた。



この号では、天職とかコンプレックスの克服法とかそんなことが書いてある。

こう書くと、なんか教訓じみたコラムのように思うかもしれないけど、

もちろんというか全くそんなんじゃない。



最初は<頭と心が極限に疲れているときはDVDを大量に見る>から始まり、

<映画を大量に見ると、「はい、実は天才でした」的ストーリーが多いと気づく>

って続いて、そこからお兄さんと自分の話が挿入され、

いつの間にか、天職とかコンプレックスの克服法みたいな話になっていて

最後はまたお兄さんと自分の話に戻ってくる。

その中でさらり、とイイコトゆってる感じがいい。



私がいいなと思ったのは、

<何か苦手やコンプレックスがあるとき、友達と下手に慰めあったりせずに、

ひとりで奇妙な努力をする方がいいと思う>
という箇所。




話の展開と言葉の選び方が絶妙だなぁ~と、

とうなってしまい、全部の連載を読みたいくらいだ!

と思ったら、07年末に単行本化されていて(いい文章はちゃんと本になるのね)

いつもはアマゾンで注文するんだけど、GWのさなか、

どうしても今日読みたい!と思って、本屋を探しまくって

その日中に手に入れました。タイトルはうれしい悲鳴をあげてくれ




読むべき本、読みたい本がさらに山積みになってきた今日この頃、

割り込みで読んでしまったんですが、

(この号の記事は掲載されていなかったこともあり)

この感想はまた別の機会に書くことにします。




スポンサーサイト
雑誌(既刊~新創刊)読書2(エッセイ)TB : 0CM : 0
『光ってみえるもの、あれは』 こんな記念日はいいナHOME『Hello,Dolly!』とアタック25みたいなipod

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://harukaze305.blog45.fc2.com/tb.php/28-a4b1fa13



copyright © 2017 春夏秋冬 ZAKKANブログ. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。