FC2ブログ

春夏秋冬 ZAKKANブログ

               本・映画・音楽などの雑感 最近は本・育児話、日記にかたよりつつ…
  [ スポンサーサイト ]

--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ ビッグイシューについて ]

2010-11-13(Sat) 00:00:54
ビッグイシューという雑誌を知っていますか?

pic_cover.jpg

ビッグイシューとは、

サイトのキャッチや説明によれば

ホームレスが売る雑誌
ビッグイシュー日本版」
 1冊300円で販売。160円が販売者の収入になります。

ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれ、日本では2003年9月に創刊されました。
ホームレスの人の救済(チャリティ)ではなく、仕事を提供し自立を応援する事業です。≫


とのこと。  →ビッグイシュー日本版のWEBサイトへ




実は以前からたまに街で見かけるなぁとは思っていたの。

でもよく見たことなくって。



それが、先月から通い始めた保育園に行く道の交差点で

これを販売しているおじさんがいるのです。

私は

①朝保育園に行く時に大体そこの交差点で赤信号に当たるので

その雑誌を販売している角で1,2分信号が変わるのを待って、

そして保育園に送って行って、

②自分が駅に向かう時にまたそこの道を通って。

そして夕方、

③駅から保育園に迎えに行く時に、これまた信号待ちになって

その雑誌販売の横で信号を待ち、

④お迎えに行って家に帰る時もそこを通る。

と、1日に計4回もすぐ側を通るようになって、

さすがに気になってきて、

それで信号待ちしながらふと見たら、

上記文言

ホームレスが売る雑誌「ビッグイシュー日本版」
1冊300円で販売。160円が販売者の収入になります。

が見えて、

へーそういうことだったのかぁ、

と思おうとした瞬間、

っていうか、

どういうこと、それ?

みたいな思いに駆られ、

そのまま1ヵ月以上が過ぎ、今日にいたるというわけです。

(さっきWEBサイトに書かれた説明をいろいろ読み、仕組みを理解しました)





まだ、雑誌は買ったことがない。

でも、並べてあるバックナンバーの表紙の人物写真がけっこう豪勢で

(茂木健一郎、戸田恵子、トータス松本、ボン・ジョヴィなど。ね?すごいでしょう)

ほんとなんなんだろ?と思っていたのだが、

先日読んだばかりの伊坂幸太郎の『ゴールデンスランバー』にも

実はこの雑誌が登場するのです。

「それって面白いのかよ」「300円の割に、なかなか贅沢だよ」

っていう会話がね。



ビジネスの戦略と手法で社会問題の解決にチャレンジする企業のことを

社会的企業というけれど(病児保育をやっているフローレンスなどもそう)

この会社もその一つらしい。

私はホームレスの人を応援したいとかしたくないとか、

あんまり深く考えたことはないんだけれど、

でも、こういう会社があるのはいいことだと思う。




中身が気になるから今度買ってみようかな。


スポンサーサイト
気になる本・雑誌ザ・雑感TB : 0CM : 0
右手の親指が、、、握り母指HOMEひとりごと

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://harukaze305.blog45.fc2.com/tb.php/309-76f575d8



copyright © 2018 春夏秋冬 ZAKKANブログ. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。