春夏秋冬 ZAKKANブログ

               本・映画・音楽などの雑感 最近は本・育児話、日記にかたよりつつ…
  [ スポンサーサイト ]

--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 九州ってすばらしい! ]

2012-03-14(Wed) 14:41:57
先日、全体の3分の2くらい書いたところで、

文章が一気に消えてしまったのだけど、

気を取り直して再チャレンジ。




旅行バナシの前に。

髪をばっさりと切りました。

私は人生の大半をショートで過ごしてきたのだけど、

思うことがありここ2年半くらい、髪を伸ばしていて、

肩より10センチくらい下まであったのだけど。

産後のホルモンバランスの関係で抜け毛がひどいわ、

せっかく矯正縮毛したのに、授乳で邪魔だからと

後ろでひとつにむすびっぱなしで、

さらさらロングにした意味あんのかな???



などと思う日々が続き、先週突然、

そうだ!ばっさりショートカットに戻しちゃえ!


と思い立ったのだ。

切った感想は・・・

おっさんみたいだけど、いやー、実にすっきり。

ちなみに、どれくらい短いかというと・・・

えーっと。ハリセンボンのはるかより短いです。

(今思いついたのがたまたまこの人くらいだった・・・)




授乳が終わってまた気が向いたら伸ばそうと思います。



あ、さらにまた旅行バナシの前に。

日曜日は久々に東京体育館に行きプールに入りました。

当然妊娠する前が最後だったので、1年ぶりくらいかも。


ここ最近、いくらの授乳や抱っこで、腕・肩・首がいったくて。

2回ほどマッサージに行ったりしたのだけど、

毎週毎週行けないし、

マッサージのお兄さんが運動するとよいといっていた

(特にプールで歩くのとかいいです)

ので、プールに。

500メートル歩いて、500メートル泳ぐ。



腕は少し疲れるんだけど、何より気分がいい。

そしてさつまくんが面倒見てくれるというので

(というとえらいだんなのようだけど、実際えらいはえらいけど、
土曜日は1日中私が1人で育児だったのだ)


ひとりでランチを食べて少しだけ読書。

それから美容室に。

で、前述のばっさり、というわけでした。





さて、本題の旅行バナシ。

あ、ここまで書いたので保存します。

(FC2ブログは自動保存してくんなのいかな?)


前回、あそぼーい!に乗った話を書きましたが

 → あそぼーい!に乗りました♪



今回の旅行は

 ・羽田空港から熊本空港へ
 ↓
 ・あそぼーい!に乗り阿蘇へ
 ↓
 ・レンタカーで黒川温泉へ 宿に泊まる
 ↓
 ・黒川温泉ぶらり、わいた温泉で立ち寄り湯、由布院へ 宿に泊まる
 ↓
 ・由布院ぶらり、別府を少し見学
 ↓
 ・大分空港から羽田空港へ

と、熊本市内こそ行けなかったけど、

それ以外は熊本・大分のゴールデンルートみたいな感じで

盛りだくさんな旅行でした。

では、さらりと写真でふりかえり。


あそぼーい!を降りてレンタカーを借りた以降のお話。

■ワインが飲めないのが残念っ!
20120303_125006_R.jpg
赤水駅から車で5分くらいのところにあるバイエルンというレストラン。
ウィンナーやハム、サラミなどすべてうまし。
食べログでも、地方のわりにクチコミの量が多いし点数も高い。
ぜひまた訪れたい、もしくは誰かにギフトセット送りたい、と思う。
味見させてくれたレアサラミというのが美味しくて買って帰る。
くぅ~、しかし、ワインが飲みたくなる~。


■温泉ざんまい
20120303_164518-002_R.jpg
今回はいくら(生後4ヵ月)もいることだしと部屋に露天風呂があるところをチョイス。
妊娠中から、うー、温泉入りたいよ~と思っていた欲望がうっすらうっすら溶けていく。
堪能しました。



■黒川温泉を歩く
20120304_103902_R.jpg
入湯手形で有名な黒川ですが、今回は湯めぐりは私たちはなし。
景観を損ねないよう、自動販売機も茶色くなっているのなどを眺めながら
ウワサの黒川を歩く。
天気が悪かったけどなんとか曇り。



■また行きたい!わいた温泉
20120304_114220_R.jpg
黒川温泉が全国的に有名で観光客が大勢いるところ、というのに比して
わいた温泉はひっそりした温泉郷で地元の人に人気が高い温泉地とのこと。
コイン式の貸切温泉になっていて、1時間1000円前後で家族やカップルで
お風呂を楽しめる。仕事上ここのことは知っていたので今回ぜひ訪れたかったところのひとつ。
今回はいくらがいたので露天はあきらめ内風呂にしたけど
おゆもとろっとしていてよかった。
私たちが行ったのは豊礼の湯。他にもいろいろあるようだ。
そしてこの写真。ザルがあまりにもくたびれていて興味をそそらなそうではありますが(汗)
お風呂に入っている間に野菜やお肉を蒸しておくことができるのです。

20120304_123618_R.jpg
そう、この写真にあるように鶏が売られていました。
私はさつまいも1本しか蒸さなかったのですが(焼き芋よりしっとりしてすごくおいしい)
地元の人たちは持ち込みOKらしく、大量のじゃがいもやキャベツ、
はてはつけだれ3種類にビールとか持ち込んで
お風呂上りのランチになってました。
たまにはこういうの、いいでしょうね。



■由布岳を見ながらピザをあむっ!
20120304_144116_R.jpg
お次は由布院へ
曇り空ではあったけれど、途中、景色のよさそうな店を発見!
ということでUターンして少し小高い丘みたいなところにある
店へ。ピザ屋さんで雑誌などでも出ている人気店のよう。
まさかそんなに待つとは思わず並び30分くらい待たされるが
美味しいピザを堪能しました!

20120304_135604_R.jpg
たぶん晴れてたら相当いい景色だと思うんだけど。



■ゆかたでパチリ
2_R_20120314130622.jpg

由布院の宿にて
今回1泊目の宿を前日に取り
(というか旅行の計画自体が2日前に決まり、前日にようやく行先や
飛行機が決まったから、前日しか取りようがなかったんだけど)

2泊目の宿はまぁ日曜日だし何とかなるだろうと
思ってとらなかったのだけど
、ピザ屋さんでランチをとりながら、
予約を完了していざ向かってみると、
予約が入っていないし、満室とのこと。えぇ!

よくよく調べたら、私は翌日の予約をしていたんですねー。。。
(今回私はすごいミスをおかしまくりでした)
フロントの方が同グループの他の宿に1室空きがあることを確認してくれて
そちらに予約を入れてもらう。
日曜日とはいえ、さすが由布院。なめてた私が悪かったです。

そして向かった宿は。
全室離れのせいか、ファミリーも多いとのことで
ゆかたや下駄などいろいろ子どもグッズを用意してくれて
結果的にとてもいい思いができました。



■もっとのんびり歩きたいよ~
20120305_120726_R.jpg
湯の坪通りを歩く。
ステキなお店がたくさんありました~。
パン屋さんや雑貨ややクラフト関係などなど。
もっとのんびり歩きたかった気もするが、さつまくんは
ウィンドウショッピングができない。
さっさ、さっさと行ってしまうので、
「あー、ここ入る~!」といちいち言わないと止まってもらえない・・・


20120305_121820_R.jpg
金鱗湖。温泉が湧いてるとかでうっすら湯気みたいなもが。
きれいでした。

20120305_134244_R.jpg
由布院御三家といわれる宿たち(玉の湯、山荘 無量塔、亀の井別荘)
に、今回は泊まれなかったので
せめてショップだけでもとショップをいそいそまわる。
しかも子どもたちは車で寝ているので、さつまくんは運転手兼子守りで
わたしだけがショップに降りてさささっとみるという、
なんともさみしいことに。
本当はお茶くらいしたかったんだけどなー。
仕方がない。
もう少しおばあさんになってもう少し裕福だったら泊まってみたい。


■青地獄 うーん。いまひとつか
20120305_153408_R.jpg

■赤地獄 こちらの方が見応えあり
20120305_160232_R.jpg

最後、由布岳を超えるともうそこは別府。
まぁ別府まで来たのだからと、せっかくなので地獄めぐりを
2つだけしてみる。
青はきれいな湖や池などもあるので、「わぁ青いね」で
おわってしまうけど、赤はやっぱり「地獄」という言葉がふさわしい。
写真でとるとどちらも薄い感じなのだけど、
まぁこんなもんなのか。
1つの地獄を見るのに400円も払うので
もう少し説明がほしいところ。頑張ってほしいものです。


今回は2泊3日、かつ、早朝出の夜遅帰りという、
20代前半か!?と自分でもさすがに突っ込み入れたくなるような
旅行でした。

ベビー雑誌で子連れ旅行アドバイザーの人が
「あまり移動の多くない旅にしましょう」
みたいに書いていたけれど、

家から考えると

タクシー、リムジンバス、飛行機、電車、レンタカーと移動しまくりの旅(汗)

でも、すっごく楽しかったなー。

ずっと関東で育った私からすると、九州の山並みはとてもきれいで雄大で

本当に旅行に来た気分になる。

阿蘇や黒川などは針葉樹がないところも多く、関東でよく感じる

薄暗い山道なんてなくて、移動しているだけでも気持ちがいい。

九州にしてよかった~。

(他に北海道や金沢などの選択肢もあったので)



阿蘇の雄大な景色は、今は冬景色だったので

また新緑や夏にぜひ来たい、と思いました。

その時は、前回ブログに書いたA列車で行こう特急か
title_image_R.jpg

ゆふいんの森号にでも乗せてあげようかな。(←なんだかんだやっぱり子どもの喜ぶ顔が見たいものです)




長くなりました。

今回はこまめに保存しながら書きました。

前回、これの3分の2が消えたので、本当にショック!


ではまた。





スポンサーサイト
旅日記たまには外へTB : 0CM : 0
初のこぶたラボ、久しぶりのレガスポHOMEうぅ、消えた

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://harukaze305.blog45.fc2.com/tb.php/390-928a90db



copyright © 2018 春夏秋冬 ZAKKANブログ. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。